1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 着物の世界
  4. 染めの柄と織物
染めの柄と織物

着物の模様付けには絵羽付け、付下げ、着尺があります。
絵羽付け
振り袖、留め袖、訪問着の文様は全て縫い目を通して文様が展開されて付けられている。 白地のまま着物の形に裁断仮縫いをして、文様の加工をする。

付下げ
生地の裁断仮縫いをしないで、長い反物のまま身頃、袖、おくみなどになる部分を区分けして、 それを仕立てた場合、文様が前も後ろも全て上の方に向くように付いている。

着尺
付下げになっていない長い反物のまま文様を付けた物。


時代に合わせて新しい模様が現れてきました。
慶長模様
桃山時代の中頃の絢爛豪華な美術文化の中から生まれた模様で古くから伝えられてきた絞り染めで文様を表し、刺繍を加え、余白の部分は全部金箔でうめるという豪華そのものです。

寛文模様
江戸時代に見られた寛文模様は右肩から前裾にかけた模様で余白が十分にあります、絞りが中心で全体に大まかで簡略化され短時間でたくさんできる物です。

元禄模様
染めの持つ柔らかな絵画的で自由な文様、友禅染めは元禄時代末期頃から流行りだす。


着物には先染めと後染めがあり、先染めが織物です。
お召
一般的に平織りで糸使い、柄などは産地によって特色があるが縞お召しが多い。

糸の太さが一定せず節のある織物で、無地、絣、縞などに平織りされる。

からみ織りの一種で織り目が荒く薄地で通気性がある。

上布
麻の着尺織物を言う、吸汗性に富み張りがある、盛夏用に使われる。

木綿物に多く用いられ、肌触りもよく浴衣などにも使われる。