1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 着物の世界
  4. 着物の着付け
着物の着付け

綺麗に着こなすにはまず自分で着られる事が大事、 できるだけ分かりやすく書いたつもりです。 ぜひ挑戦してみて下さい。
絵で見る着付けはこちら! 小紋の着付けはこちら!

浴衣を着る]  [帯を締める] [仕上げ] [ウールを着る場合


着付け まずは準備
下着は
いつもの習慣でスリップなど着てもOK、タンクトップでもOK、ただし襟(えり)から出ない用に。
ブラジャーはもちろんノーブラと言ってもスポーツブラ程度の表にひびかない物なら可。

浴衣・帯は
ご自分のお好きな物、柄や色合いを考えて選んでみて下さい。
帯はいろんな種類がありますが今回は半幅帯を使います。

小物は
ひもは2本
伊達締め(だてじめ)はあれば着崩れしにくいです。
前板もあれば帯が綺麗に見えます。
おしぼりタオル、これは帯が崩れない用に補正の一つとして使います。
あとは素足に下駄です。

それではさっそく浴衣を着付けてみましょう。
浴衣を着る(1)

まず、羽織って手を袖に通して下さい。
自分の前の方で左右の襟(えり)の先を持って襟にたるみがないように手を 伸ばし左右の襟の先が自分の中心にくるように合わせて下さい、これで背中の縫い目が背中の真ん中になります。
左右の襟の先を持って裾(すそ)の丈を決めます、腰ひもを縛った時に上がってしまうので初め決める時は、 くるぶしが隠れる位の所が良いです。
この時体はまっすぐにしていないと、後で丈が変わってしまうので気を付けましょう。
上前(左側)を先に体に沿わせて襟の下の方の部分が脇の所までくるように調節します。
(背中の縫い目は帯の上の部分が中心ならよいので、この時は気にしなくても良い。
自分のサイズより大きい場合、下前(右側)の方に余分な物を体に沿わせながらずらします。)
上前(左側)を調節したのがずれない用に体から離してから、改めて下前(右側)を体に沿わせ、裾の先が少し上がるようにしてきめます、その上から上前を重ね、裾の先を少しあげます。
(すそ線より5p位上にする)
裾が決まったら腰ひもをします。
ウエスト部分の余ってたるんだ物は両脇で摘み(つまみ)後ろの方へ倒しタックを取るようにしてひもを前からまわし後ろで交差して前へ持ってきて前で縛ります。
(タックを取ると腰回りが綺麗に仕上がり崩れにくいです)

浴衣を着る(2)

それでは上の方の処理のやり方です。
両手を身八ッ口(みやつくち・・脇の下の開いている所)から入れ、後ろ・脇・前とたるんだ部分を下にそっと下げて下さい。
左手はそのまま胸あたりで下前の襟を持ち、右手は外から上前の襟を持ちます、お互いをひっぱり襟元(えりもと)を重ね合わせます。
後ろは首より少し離して(指2〜3本位)、前は喉の窪み(のどのくぼみ)の所まで合わせます、あまり首に付け過ぎると窮屈(きゅうくつ)に見えたり離し過ぎるとだらしなく見えるので、鏡を見ながら調節してみましょう。
襟元が決まったら胸ひもをします、腰ひもと同じように前から後ろに回し交差して前で縛ります。
その後に伊達締め(だてじめ)があったら、ひもの上からやって下さい。(縛り方はひもと同じです。)
細かい所は最後に治しますから一応これで浴衣は終わりです。

ページトップへ戻る


帯 帯を締めて見ましょう。

帯を巻く(ぶんこ結び)

帯は自分で縛るのは難しい為、前で縛ってから後ろにまわします。
帯のはじから40センチ位の所を自分の前中心に合わせ、短い方を自分の右肩にかけるようにして下さい。
長い方をまず体を一周まわしてきます、高さを大体の位置に決めます若い人はできるだけ上の方が良いです。
もう一度長い方を体に一周します、二周した分が綺麗に重なるようにして下さい、あまり締めると後で苦しくなってくるので注意。
長い方を前で下半分を内側から上に折り曲げます。
長い方と短い方で縛りますが、この時短い方を上にして縛って下さい、長い方を短い方で巻くような感じに。
今度は短い方が左の肩にかけるようにします。
長い方を結び目の際から左に折って下さい、それで結び目はしっかりします。
長い方を自分の肩幅位に屏風畳み(びょうぶだたみ)、もしくはくるくる巻いてもいいです。
畳み方 肩幅に出来た物を、縛り目をかぶせるように乗せ上から縛り目といっしょにつかみます。
後はちょうちょ結びになるように上と下を折り曲げます。
では短い方を上からその真ん中を結び目といっしょに1回巻き付けます。
短いのが上にありますね、下に倒して残った分を胴に巻いてある帯と浴衣の間に差し込みます。
後は両羽の所を好きなように広げたりしてみて下さい。
これで結び終わりです。
では、後ろに回しましょう、両脇の所で帯の下をしっかり持って下さい、浴衣が崩れないように右回しに回して下さい、前板は最後に差し込んで下さい。

ページトップへ戻る


全体の仕上げをしましょう。
鏡を見ながら

  • 帯を回したので帯のしたの所がしわになっていませんか?
    帯の下と浴衣の間に手を差し込み、なでるようにして直して下さい。

  • 襟(えり)は後ろが上がってしまっていませんか?
    後ろの帯の下から出ている所(おはしょり)を持ってそっと下に引っ張って下さい。

  • 背中の所がしわになっていませんか?
    帯の上の脇の所(身八ッ口)で両手で後ろ身頃を持ち前に引っ張って下さい。

  • 脇の下が開いてませんか?
    脇の下を持ちまず後ろに軽く引いて次に前の方に倒します。

  • 帯の仕上げはちょっと自分では大変、手伝ってもらいましょう。
    ちょうちょが横を向いていないか、形を整えます。

  • チョウチョの部分が下がってしまわないように補正をします。
    おしぼりタオルを10×5位にたたみ浴衣と帯の間に差し込んでもらいます、その上にちょうちょが乗るように。


これで一通りの説明は終わりですが、いかがですか?鏡をみて。
綺麗にできな〜いと思われる方は懲りずに、何度か挑戦してみて下さい。

ページトップへ戻る


ウールを着る場合

浴衣との違い

  • 足袋(たび)を履かなくてはいけません、そして下駄か草履です。
  • 肌襦袢(はだじゅばん)、長襦袢を来てから着物をきます。
  • 着物の着方は浴衣と同じです、襟の所が後ろは長襦袢の襟をひかえめに、前では1〜2センチ出るようにします。
  • 着物、帯の上に羽織りを羽織って、紐はかた結びで畳むように縛れば綺麗に縛れます。

ページトップへ戻る

戻る