1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 着物の世界
  4. 着物の各部名称
着物の各部名称
1着丈背縫いの部分で襟付けから裾まで
ほぼ身長が着丈寸法になります、太っていたり腰紐を高めに締める人は少し長め
2繰越肩山から背縫いの部分で襟付けまで
標準が5分(2cm)で、特に太っている場合は2分(5mm)多くする事もあります
3背縫いと襟付けの交わる所から袖口まで
背の高い人は幅が広くなります
4袖幅袖口より袖付けまで
袖幅は本来上から下まで同じ寸法ですが、裄があまり広い場合は袖幅のバランスをとるため袖付け部分の幅(もしくは袖底の幅)をつめます。肩幅よりは広くなります(8寸対8寸5分)
5肩幅袖付けから背縫いまで
本来は後幅と同じですが、裄の長い人は身八つ口から斜めに広くします
6袖丈袖山から袖下まで
普段着は1尺3寸、55cm位ですが、訪問着などは少し長めに作ります(身長とバランスをとります)
7袖口袖山から袖口止まりまで
ほとんどが標準サイズ6寸(23cm)ですが、特に太っている人は少々広げます
8袖付け袖と身頃の付いている部分
標準が6寸(23cm)ですが、若い人など帯を高く締める人や、またお年よりや太った人などで少々変わります
9振り袖つけ止まりからそで底まで
袖丈−袖付け
10丸み袖の角の丸み
標準が5分(2cm)で、若い人など大きく3寸(15cm位)
11身八つ口袖付け止まりから下の脇の開いている部分
標準が3寸5分(15cm位)で、この寸法は滅多に変わりません
12後幅裾の背縫いの部分から脇縫いまで
標準は7寸5分で体型で3分程度変わります
13つま先おくみの裾端の部分
14おくみ幅つま先からおくみ付けまで
標準が4寸で、滅多に寸法はかえませんが体型によっては2分位広くする事もあります
15前幅脇縫いからおくみ付けまで
標準6寸、体型で変わります。
16褄下つま先から襟付けまで
袖幅は本来上から下まで同じ寸法ですが、裄があまり広い場合は袖幅のバランスをとるため袖付け部分の幅(もしくは袖底の幅)をつめます。肩幅よりは広くなります(8寸対8寸5分)
17合褄幅襟付けの最後の所からおくみの縫い目まで
おくみ幅より2分狭くなります、太っている人でもこの寸法はあまり変えない方が綺麗にみえます
18抱幅おくみ上の付け根(剣先)から脇縫いまで
太っている人や胸の大きい人は広めにしておいた方が着崩れしない
19おくみ下がり肩山からおくみ付けまで
標準6寸、若い人などは5寸5分
20襟幅身頃と襟の縁まで
標準が3寸、広襟は通しで、ばち襟は首回りが半分