1. 現在位置:
  2. トップページ
  3. 着物の世界
  4. 着物の歴史
着物の歴史

衣服の始まりは一枚の布またはなめした毛皮の真ん中に穴をあけ、頭からかぶり紐で縛るといった貫頭衣といういたって原始的な物だったようです。

古墳時代では埴輪などから男は筒袖の上着に女も筒袖で下はスカート姿という現代の服装に似た形が見られます。

飛鳥奈良時代では唐文化の影響を受け、男性の礼服では聖徳太子像などにみられる衣服に変わりました。

平安時代には色彩の衣服と言われる十二単があります、平安時代の建築に合わせ暑さ寒さの調節そして立派に見せるという事などから重ね着になったようです。

男女服を通して見られる事は昔の筒袖が大きく発展した形の広袖の衣装で、これから現代の着物の原型と言われる小袖に発展していきます。

鎌倉時代は衣服も簡素化されて小袖が表に出てきました。

室町戦国時代に定紋をつける習慣が生まれ、以前の平常着が礼服化し、この後下着が表着となって一般化する。

桃山時代に現代の訪問着や留め袖の原型が生まれる。

江戸時代は着物の歴史の中でもっとも華やかな時代で、現代の着物の殆どがこの時代に生まれている。

着物の移り変わりを簡単に述べましたが、日本固有文化は平安時代から開花し、着物も日本の高温多湿の風土に適するように時代を経るにつれ変化してきました。